2019-09-25

パンの料金等のお知らせ

数日ごとに変わる天気に、なんとなく気分も浮き沈みしてしまう感じがします。天気に関係なく、平常心を忘れずに過ごすように心がけたいなと思っています。

こんにちは、シーヅブラン~seazbranです。

最近はSNSでの営業連絡のみになってしまい申し訳ありません。「開いてますよ!」「余ってます!」などの連絡はSNSの発信はあっという間でしやすいなと思っています。でも、実はSNSはあまり得意でも好きでもなく・・・。開いてる時間が徐々に定着していければ、発信回数も減らせるのかなとも思っています。時代に逆行しているのかもしれませんが。また、9月は営業時間が少なくご迷惑をおかけしていますが、おかげさまで母の術後の経過も良好です。まだ、退院日が確定していないので、決まり次第営業カレンダーをだせるかなと思っています。よろしくお願いします。

今日は、9月カレンダーでお知らせをしていましたが、食パンの値上げのお知らせです。食パンですが、1斤につき20円の値上げをさせてもらいます。(半斤で10円、2斤で40円の値上げとなります。)

他のパンは据え置きです。菓子パン、調理パン、白パン、ミニ食パンは店内でお召し上がりでも、持ち帰りでも値段は変わらず提供します。食パンを値上げしていることもあり、他の物はと思っています。また、ドリンクはイートインとテイクアウトでは料金が変わります。雑貨も一部消費税分を値上げさせてもらいます。ご了承ください。

食パンは日配品と言うこともあり、値段が上げにくいと言われています。安い食パンであれば、1斤で80円とかもっと安い物もあるようです。でも、原材料を見てみるといろんなことが見えてきます。選ぶのはもちろんお客様ですから、選び方は自由です。値段で選ぶ人、産地で選ぶ人、材料で選ぶ人等など。何度もブログには書いていますが、万人に合うパンは出来ないと思っています。「ここのパン高いよね。」と言われることもしばしばですが、もうけようと値段をつけているわけではありません。材料費や資材費、パンを焼く光熱費など色々考え、ぎりぎりの値段がこれだということです。油脂をバターからマーガリンにしたり、粉を国産でも安い国産に変えたりなどすればコストは落とせますが、やっぱり毎日食べるものを「美味しいな。」と思えるにはある程度のこだわりが必要だと考えています。食パンは、粉の味がごまかせない物なので、小麦は本当に美味しいと思える物を使いたいところです。そして何よりも安全な食品を食べるためにはある程度の値段がかかると思っています。

私自身は、基本的に肌が弱かったり、海外の食事など合わないことも多いです。化学調味料の類いも舌がしびれたりしてあまり・・・という感じです。お客様の中には、やはり食べ物のアレルギーまではないけど、「○○を食べたら違和感があって」とか「○○食べたら手がかゆかったりするんだよね。」というお客様も少なくないです。だからこそ、原材料や作る工程も含めこだわっているということです。そういったことをわかって頂ける方に支持されれば本当にありがたいと思っています。単純に「美味しいから」で支持していただけるのもありがたい話です。最近では、常連のお客様が増えて嬉しい限りです。

続いて材料についてです。前から話をしていた頂白山の粉についてですが、現在の粉のストックがなくなり次第変更になります。もしかしたら春よ恋の単一品種がまだ手に入りそうな情報もあるので、出来るだけ春よ恋の単一品種で頑張りたいと思っています。情報が入り次第またお知らせします。

あと、バターですが現在よつ葉乳業のGバター(ドイツ製)を使用しています。店頭には表示していますが、ドイツから輸入した物を道内でチャーニング(練り直し)をしたものです。しばらくこちらのバターになりますのでご了承ください。

来月で1周年を迎えます。オープン日の10月23日から数日間は、1周年のちょっとした記念品を用意しています。相変わらずマイペースで営業している店ですが、引き続きよろしくお願いします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です