2020-12-16

12月16.17.19日のラインナップとシュトレンの販売について

おはようございます。水曜日の朝、久々の凍てつくような寒さに慣れない体がびっくりしている状態です。シーヅブランです。ただいま営業中ですー。

色々お知らせしたいことが多くあり、今週か来週の隙間を見てブログの更新を数回行うと思います。読んで頂ければ幸いです。

まずは今週のメニューから。雪が本格的になってきたことと、新型コロナウイルスの関係でなかなか足が運びにくいだろうなと予想はしていますが、いつものペースでお待ちしています。

今週の食パン
シリパ山-外国産小麦食パン
頂白山-道産小麦食パン
赤岳-レーズン食パン
余市岳-ライ麦食パン
黒岳-生クリーム食パン
藻岩山-シンプル食パン(19日のみ)

白パン、バターミルクビスケット

今週の調理パン
水曜日-卵サンド、ポテトサラダサンド
木、土曜日-ベーグル四種(枝豆チーズ、タラコマヨバター、フォカッチャベーグル、ベーコンチーズ)

今週の菓子パン
スイートブール(帽子パン)4種
プレーン、チョコ、ココア、チーズケーキ

土曜日はフレンチトースト出します。

次にシュトレンについてです。
今年は予想以上の予約を頂きました。例年は店頭販売も行っていたのですが、今年は予約のみで作るのが追いつきそうになく、店頭販売を停止した次第です。
ようやく予約数の確認と確保がしっかり出来たので、余剰分のシュトレンをお出しできることになりました。
オリジナルシュトレン小-5個
デビルショコラシュトレン-12個 出すことが出来ます。
シュトレンについては、予約は受け付けず足を運んで頂いた方にと思っています。ご了承下さい。ただ、先日の営業日に店頭に来て頂き問い合わせ頂いた3名の方、お早めに連絡頂ければ取り置きしておきますのでご連絡お待ちしています。(連絡先がわからず、こちらで呼びかけさせて頂きます。)よろしくお願いします。

今年、うちのシュトレンを試食して下さったお客様から「スパイシーな感じが。」と言う感想を何件か頂きました。私も他店のシュトレンを今のところ2件、この後2件分届くのですが、食べてみると確かにスパイス効いてるなと感じました。他店のシュトレンも本当に勉強になるなと感じています。来年はスパイスが苦手な方もいらっしゃるでしょうから、スパイスありとなしで販売してもいいなと今から思っています。ご試食頂いた方、購入された方、それ以外の常連さんでも是非ご意見聞かせてもらえればと思っています。

シュトレンの種類も作り方も様々ですが、うちのシュトレンはどっちかと言えば、バターたっぷり、砂糖も外側にコテコテのシュトレンだなと実感しています。(生地の中には砂糖は少しだけだったりします。)ドイツのシュトレンの規定では、粉100kgに対してバター30kg以上、ドライフルーツは60kg以上と決まっているそうです。今年のうちのレシピを計算したら、バターは粉の半分+最後のバターもありますので軽く粉100kgに対して50kg以上、ドライフルーツは粉の分量よりも実は多く、粉100kgに対してドライフルーツは150kg、ナッツ類は粉100kgに対して79kgほどの分量が入っていました。入れすぎじゃないの?的な話は、入れればいいってもんじゃないという声も聞こえてきそうですが、自分なりに作ってきたシュトレンがこのような形になってきたというのが実際です。シュトレンは自分の思い出のパンの一つであり大事にしたい物なので、パン屋を続けている限り作っていきたいと思っています。

又近々更新します。今週もよろしくお願いします!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です