2019-10-31

シーヅブラン1周年 日々感謝です。ありがとうございます。 

すっかり寒い時期になってきました。朝晩はストーブも欠かせなくなってきた気がします。晩秋という言葉がぴったりな時期になってしまいました。こんにちは、シーヅブラン(seazbran)です。

10月23日で無事1周年を迎えたシーヅブランです。本当にありがとうございました。足を運んで買って頂いているお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。

2018年の3月に前職の仕事を辞めてから、本格的に開店の準備を進めてましたが、紆余曲折、前途多難なんていう言葉がぴったりなほど色々なことがありました。オープン日をなかなかお知らせ出来ず、「いつオープンするの?」と聞かれることも多かった秋。9月の胆振東部地震も重なり、オープン前は怒濤の日々だったのを思い出します。

この1年を通して、たくさんのお客様に足を運んで頂きました。ありがとうございます。来て頂いたお客様にご迷惑や不快な思いをさせてしまったこともあったと思います。対応のまずさや「変なこと言ってしまった。」などなど。後から「こうすればよかった。」と思うこともしばしば。自分もそうですが飲食店は基本一度不快な思いをすると、もう足を運ばないというのが普通なのかなと思っています。それも悪気なく普通にしていると思います。そして、知り合いとかに「あの店はちょっとね。」などと話したりしますよね。自分に置き換えるともう一度チャンスがあればとも思うのですが、それがないのが飲食店なのかもしれません。だからこそ、一度の出会いを大事にするべきだと感じます。

この1年で、自分の考えが変化したところもあります。安定していない職業になったこともありますが、物の買い方、お金の使い方を見直すようになりました。応援したいお店には出来るだけ足を運び、顔を出すようにしています。なんだかんだ言ってもやっぱり飲食店や個人でやっているショップの一番の応援は「買いに行くこと」「食べに行くこと」だと思います。なかなか都合が合わずいけないお店もあったりしますが、出来るだけ足を運べたらと思っています。逆に自分の個人的な物は欲しくてもすぐには買わずに、悩むようになりました。お金を稼ぐことの大変さを実感できるからです。だから1週間に一度とか2週間に一度とか月に一度とかわざわざ足を運んでくれる常連さんなどは本当にありがたい存在で、支えられているなと実感しています。もちろん仁木に観光に来てくれるお客様やうちのパン屋を目指して遠くから来てくれる人、通りすがりの人だっていろんな人に支えられていると実感するのです。

あまり過去が「どうだった。」と振り返っても仕方ない部分も多いので、ここでは話しませんが、1年の中でメニューも少しずつ変わってきて今の形になってききました。白パンがレギュラーパンになり、ミニ食パンも発売するようになりました。菓子パン、調理パンも種類はそんなに増やせませんが、2~3種類ずつ出せるように工夫しています。それぞれのパンにファンがついているように思います。お客様の様子を見ながら改善が必要なところは変えていき、変わらなく守るものもありという感じで取り組んでいければと感じています。

パンのリクエストを頂くことも増えました。「前に食べた○○美味しかったんだけど、次はいつ作るの?」的な話から、「黒岳の食パンありますか。」などなどありがたい話です。数は多くなってしまいますがご相談の上オーダーで作ることも可能ですので、団体で使うときなどに利用して頂ければと思っています。田舎のパン屋なので、少しでも地域に出来ることがあればと感じています。

ここからは、これからの商品の紹介です。

11月から店頭でもシュトーレンを販売します。下の写真はふるさと納税用の写真ですが、イメージがつけやすいと思い載せさせてもらいました。今年は去年のようにシュトーレン休暇は取らず、休みの合間に作っていくことになりますので、もしかしたら店頭販売分は売り切れの場合もあるかもしれません。ご了承ください。

たっぷりドライフルーツとナッツのシュトーレン 大3300円、ハーフ1700円
チョコ味のデビルショコラシュトーレン 1個から販売しています。1個250円、4個980円
(写真は5個入りで、ふるさと納税用です。)
ふるさと納税では、シュトーレン、デビルショコラシュトーレンともに出しますので
遠方の方で興味のある方は、是非ご利用ください。

2種類のシュトーレンですが、それぞれの味の違いも楽しめると思います。是非食べてみて欲しいです。

2年目のシーヅブラン。マイペースですが「美味しい!」と言われる安全なパンを提供していけるように引き続き努力していきます。よろしくお願いします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です